制度と心の問題が複雑に絡まってしまうことで相続は大きなもめ事になりやすいのです。でも「もめ事が嫌い」だからといって、なにもしない、というのはいかにも無責任。生きている間にやっておくことで、残された人たちがとても楽になることもあるのです。